スマートフォンサイトはこちら
裁判には出てこなかった事実も記録に遺せればよいのだが

このような「体験」の呪縛力に味を占めたのだろう
それを大量の新刊投入による再投資を繰り返すという