スマートフォンサイトはこちら
多くてもせいぜい250ミリ程度ではないか(これでもかなりの値である)として考え

3日夕方以降のMSMの計算結果を追いかけると
それに基づく大雨の予報(雨量等)を組み立て